合同説明会は自分から質問できる貴重なチャンス

合同説明会は流れ作業になっていて、同じ説明を何回も繰り返すことで、より多くの学生を受け入れています。
しかし、一見すると受け身でしかない大人数向けの説明会であっても、自分から質問できる貴重なチャンスを得られます。



基本的にその企業の人事担当者が説明しているから、普段なかなか聞けないことでも質問可能です。

たとえば、仕事のやりがいを具体的なエピソードで説明してもらうといった内容は、実際に働くイメージを獲得するために有効であり、面接時の志望動機としても説得力が増します。まだ社会を知らない学生だからこそ、すでに長年働いている社員から社会人としてやっていく秘訣を聞き出すぐらいの意気込みで参加しましょう。

企業にとっても学生にとっても就職活動の一環として実施されるイベントではあるものの、どこかに採用されれば終わるというわけではなく、そこから長い年月を働いていく必要があります。

生活できるだけの給料を得るためとはいえ、それだけの理由では1日中働いていくモチベーションを保つことは難しいのです。



そこで、合同説明会という一般人として参加できるメリットを活かして、説明してくれている社員に先達としての心構えや、その会社の将来のビジョンについて語ってもらいましょう。



もはや終身雇用は崩壊しているので、就職活動をただの作業とはせずに、自分自身の働く意味や、本当にやりたいことを見つける機会にするべきです。

色々な企業がブースを構えている合同説明会は、自分なりの目的を持っているかどうかで得られる成果が大きく変わってきます。