求職活動のときの合同説明会は大きなチャンス

求職活動をしているときに、ときたま行われる合同説明会は大きなチャンスにもなるので積極的に出かけることをおすすめします。

客観的に見つめてみると、求職活動をしているときというのは、課題が一つに絞られていることもあって、集中力は高まっていますが、それだけに視野は狭まっているとも言えます。

自分が入りたい企業しか目に入らないとか、自分のやりたい仕事ということだけが頭の中で四六時中回転しているといった状態です。



そうなると、人のアドバイスなどでも、頷いたり返事をしたりしているものの、うわの空であったり、真剣に聞き入れてはいないという状態となっています。

こういうときは、合同説明会が行われていることを見聞きしても、自分とは関係ないと思いがちになります。



志望する企業名が見当たらないとか、募集職種が縁遠いものであれば、見向きもしなくなります。でも、それは大きなチャンスを逸していることになります。



実は求職活動では、希望する企業にすんなり入れるとか、やりたい仕事にぴったりフィットできるという確率は極めて少ないのです。
第二希望、第三希望はおろか、今まで検討していなかった企業あるいは本来やりたい仕事の周辺関係のもの、あるいは予想外の職種に就くという方が多いと言ってもいいくらいなのです。
ということからすると、関係ないと思いがちな合同説明会でも、せっかくの機会だからと参加するのがいいということになります。

そのくらいの気持ちを持って、就職活動を行う方がいい結果に結びつきやすいからです。